マグネット式ホワイトボードのご紹介!

ホワイトボードはこれまで多くのオフィスで活用されてきました。
現場からのニーズを受けて、開発されたのがマグネット式のホワイトボードです!
いまでは多くの企業で活用されています。

その活用方法は広いので、是非導入を検討してみてはいかがでしょうか?
記録機能も持った新たなホワイトボードなども加えて、詳細をご紹介させていただきます。

◆ マグネット式ホワイトボードとは?
ホワイトボードの裏面がマグネットになっており、ラテラル棚や磁石が付く壁などに貼り付けられるようになっています。
従来のホワイトボードのように持ち運びに苦労することがないので、至る所でミーティングができます。

種類としては、丸めて持ち運ぶことなどもできるシートタイプとフレーム付きのタイプがあります。
シートタイプは、オフィスの外にプレゼンをしにいく際などにも便利です。
フレーム付きは、ペントレーもついているので、従来のホワイトボードと変わらない感覚で使用することができます。

また、無地のものから、行動予定表や月間予定表のような罫線が書かれているものまであり、用途にあわせて導入することが可能です。

 

◆ CamiApp(キャミアップ)機能搭載のマグネット式ホワイトボード
専用マジックで書くだけでなく、スマートフォンにホワイトボードに記述した内容を記録できるCamiApp(キャミアップ)という機能を搭載したマグネット式ホワイトボードがあります!

オフィス-0107①

現在は大きく分けて2種類、登場しています。

【 マグボ 】
ホワイトボードをスチールの面に貼ることができるよう裏面がマグネットになっています。
パーティションや棚などのスチール面への設置が簡単にできます。
付属しているスキャンマークシールをホワイトボードの四隅に貼り付けることでCamiApp(キャミアップ)を使用することができます。

オフィス-0107②

【 ピタボ 】
壁面だけでなくガラスなどの平らな面すべてに貼れる吸着シートタイプのホワイトボードです。
マグネットではないですが粘着材を使用しているわけでもないので、何度でも使用できます。
また、ボード面にマグネットを使用できるので、メモを溜めておいたり、マグネットシートを使用したりすることも可能です。
マグボと同様に四隅にスキャンマークシールを貼ることでスマートフォンにデータを取り込むことができます。
自動で傾きやゆがみを補正し、ホワイトボードに書いた内容をきれいにデータ化することも特徴です。

オフィス-0107③

ホワイトボードに書いた内容をスマートフォンに記録できる機能、
とても魅力的ですね!


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィス家具. Bookmark the permalink.