オフィスデザインにおけるタイルカーペットの利便性

オフィスや家庭など、シーンを問わずに用いられるカーペット。中でも、利便性などの点から近年需要が増えているのがタイルカーペットです。
「カーペットって掃除が大変で不衛生になりがちでは?」「ダニが発生してしまうイメージ……」「冬はいいけれど、夏場は暑苦しいかも」などの不安を払しょくする快適なタイルカーペットの機能を紹介いたします!!

タイルカーペットとは

タイルカーペットとは、40cm角ないし50cm角ほどで取り離せるようになっているカーペットのことです。カーペットが細かくなっており、タイルのように組み合わせていくというイメージです。
一部分だけを張り替えることや、小規模であれば自分で張り替えるということもできるので、気軽に用いられています。現在は、オフィス、ホテル客室、公共施設、家庭など多くの場面で目にします。

タイルカーペットの利便性

① 静かなオフィスを実現する

衝撃を吸収するので、床から伝わる騒音を押さえることができます。
デスクを移動させる際の音や足音などの響きを減らし、快適なオフィスを実現します。

② 暖かさと涼しさの両方を実現

カーペットは繊維の間に空気をたくさんはさんでいるので、部屋の暖かさを保つことができます。
また、意外と知られていませんが、冷房の空気も同様に繊維の間に取り込みます。そのため、空調の効きを良くするという作用があります。

③ 安全性を担保している

先ほどもお伝えした通り、衝撃吸収効果があるため万が一転んだりすることがあっても安心です。
ご年配の方や子どもなどが来る公共施設や病院などにも安心して取り入れることができます。

④ 一部取り替え可能、丸洗いOKで清潔さを維持

汚れてしまった一部を取り換えることが可能で、丸洗いもできます。そのため、清潔さを担保することができます。
病院や介護施設、幼・保育園、ペット施設などでも安心して用いることができます。

⑤ 好きなカラーを組み合わせてデザイン性あふれる床にできる

一枚一枚組み合わせることによってデザイン性を出すことができます。カラーの組み合わせにより部屋の雰囲気を変更できたり、全面に敷き詰めず一部フローリングを残したりなどレイアウトの工夫が可能です。

⑥ 持ち運びがしやすく便利

高階層のフロアなど資材を持ち運ぶのに苦労するオフィスでも、細かくパーツに分けることができるので簡単に搬入できます。

東リのタイルカーペットの特色

オフィスハンズのパートナーである東リのタイルカーペットをご紹介します。
東リはGAシリーズは特にオフィスの床材としての人気が高いです。小規模スペースであればポリプロピレンからできているGA-400、フロア全体などの大規模スペースではナイロン製のGA-100などが使用されます。市松貼りにしていくことで、さらにタイルのずれなどが起こりにくくなります。

① 室内環境に配慮したつくりになっている

シックハウス症候群など人体へ大きな影響を与えるといわれているホルムアルデヒドを含んでいないため安心して使えます。また、室内中のホルムアルデヒドを科学的に吸収する作用があることもわかっています。過ごしやすく健康的な部屋の空気にしていきます。

② 高い耐久性

BCFナイロンを用いており、弾性回復力に優れていることがわかっています。擦り減りにくく、遊び毛も出にくいという特徴があります。他のカーペットと比較して、厚さの保持率にも大きな優位性があることがわかっています。

③ 高い防汚性

繊維の表層をフッ素系樹脂でコーティングされているため汚れにくくなっています。また、汚れが落ちやすいという特徴もあります。撥水性も高いので、水分がしみにくくシミ汚れなどを落としやすいです。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィスデザイン. Bookmark the permalink.