オフィスに水槽設置すると得られる5つの効果

先日お伺いした企業様のオフィスに水槽が設置されていました。
エントランスの他に執務室にもいくつかあり、とても印象に残っています。

水槽は自分でメンテナンスするのは大変と思うかもしれませんが、現在は水槽やその中の生き物もレンタルすることができます。また、契約によっては1週間に1回など、メンテナンスサービスがあり、水槽の中を泳ぐ熱帯魚や水草は自由に組み合わせることが可能です。

今回はオフィス内の癒しやインテリアとして熱帯魚や水槽を取り入れると、どのような効果が期待されるのかお話させて頂きます。

水槽1

1.リフレッシュ効果

ゆっくり泳ぐ魚と、水の流れ、水草の動き、光の反射などが作り出す水槽の中は、時間の流れがゆっくりと進んでいるように感じられます。
水槽を眺めることで現実の慌しさを一瞬でも忘れることができるため、疲れた頭と心を短時間でもリフレッシュすることができます。

2.商談スペースを和やかな雰囲気にする

商談に入る前に雑談で場の緊張感をほぐしておくことは重要なことです。
相手に警戒されることなく話を進め易くなります。
水槽を眺めてもらったり、水槽を置いた理由や中の生き物について話したりするなど、水槽の設置は話題作りにも繋がります。
また、水槽は閉ざされた打合わせ室においては窓の役割も果たし、限られたスペースに広がりを持たせてくれます。

3.オフィスの新たな看板

会社の出入り口に水槽を置くと社内の人だけでなく、取引先の人など来社した人の多くの人目に触れるようになります。
殺風景なエントランスや待合室は、訪問した人の印象に残りません。
逆に、インパクトのある水槽などが置かれているところは、お客様の記憶に残ること間違いなしです。
取引先の方やお客様に、水槽が置かれた待合室の風景と一緒に、会社名や担当者の顔を覚えてもらうことができるでしょう。

4.仕切りとしての活用

スペースの境界部分に水槽を設置することにで、仕切りの役割を持たすことができます。
部屋を2つに分ける位置に水槽を並べて置くと、壁やパーテーションで分けるのとは異なる明るく心癒されるスペースとなります。
同時にリラックススポットの役割も果たしてくれるのです。

水槽2

設置の仕方も様々で、壁に埋め込むこともできます。
水槽は置き場所や設置の仕方によって、雰囲気がガラッと変わります。
壁紙や鉢植えなどの周りのインテリアに合わせて、水槽を選んでみることもいいかもしれません。

5.社内の雰囲気を改善

対外的な効果だけでなく、そこで働く社員にもいい影響があります。
水槽があることで社内も明るくなり、空気を和やかにしてくれます。

実際に観賞魚がいる空間では、パソコンなどの作業をしていてもストレスが緩和されたりリラックス効果を得られるといったデータもあるようです。
そしてリラックスすることで会議などでも意見が出しやすくなったりいいアイディアも生まれやすくなっていきます。

水槽を観賞することを通じて、社員同士でコミュニケーションをとる回数が多くなり、仕事がスムーズになったり、チームワークがよくなったりという効果も期待できます。
コミュニケーションがよくなれば、社内の雰囲気もよくなり社員の働きやすさに繋がっていきます。

これからのオフィスに一工夫加えてみたい企業様やオフィスの看板として水槽を取り入れてみようとお考えの企業様は是非一度ご相談下さい。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィスデザイン. Bookmark the permalink.