オフィス家具の補修について

これまで、内装・家具・レイアウト等のご提案がつづきましたが、今回はもう少し身近なものをご紹介します。
それは、家具の修理・クリーニングです!

家具は大切に使っていても、やはり擦り傷や色落ち、汚れは必ずついてくるものです。

 P1040417

 
一般的な補修方法としては、
・タッチアップ
・塗装

等があります。
簡単な説明をしますと・・・

木製家具のタッチアップ

まず、傷の個所に溶かしたアクリルを流し込みます。
固まったら、家具と同じ色を調整しながら塗り、その上から木目を手作業で描いていきます。
元の模様に合わせますので、傷があったことも分からない丁寧な仕上がりです。まさに職人技ですね!

木製家具の塗装

一般的な塗装は染料や顔料を使い、つやを出す場合ウレタン塗装で仕上げを行います。
その際、匂いが発生しますので、時間帯や場所を確認させていただいてからの工事開始となります。
木材の肌合いや、色味を合わせながら行いますので、見違える仕上がりとなります。

思い入れのある家具は、長く使い続けたい。
買い換えるほどでもないが、傷・汚れが気になる。という会社様、細かい部分も是非オフィスハンズにお手伝いさせてください。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィス家具. Bookmark the permalink.