オフィスの原状回復の費用が高くなる理由

自宅の引越しと違いがたくさんあるオフィスの引越業務。
なかでも、原状回復についてはわからないことも少なくないはず。
戸惑いながら手配を進めていくなかで、原状回復の見積もりを依頼して、想定外に高額だったということはありませんか? 

オフィスハンズは原状回復の施工を多数行っており、プロの目線から
「どうしてこんなに高額になるのか」「見積もりの内訳を精査したい」と考えた際にどのようにしたらよいのかをご紹介します。

原状回復

現状回復工事費用が高額になる理由3選

【高額になる理由1】中間マージンが発生している

ビルオーナーから原状回復工事の依頼を受けた指定業者が、直接工事をしないというケースが多数あります。そうなると、下請け業者にまわす間にマージンが発生して、その分高額になるのです。
しかも、1回下請け業者に卸すだけならばまだしも、「指定業者」→「下請け業者」→「孫請け業者」→「職人、技能士」と、何段階か卸している場合も少なくありません。

その都度、マージンが発生するので、オーナーから指定業者に依頼してワンストップで作業してもらうとのとは大きく費用が異なることになるのです。
工事の内容自体はまったく変わらないのに、構造上の問題だけでこのように費用が発生するのは「もったいない」ことですよね。

【高額になる理由2】見積もりを見ても価格の判断ができないと思われている

原状回復工事の見積もりは指定業者から送られてきますが、それが安いのか高いのかはなかなか判断がつきません。
しかも、見積もり書には専門用語が多く理解することも難しい。工数は一般的なものなのか、材料は普通のものを使っているのかなども、知識がなければ判断ができません。
もちろん全てではありませんが、なかには、そうした状況を利用して高額の工事費に設定している業者もあります。

【高額になる理由3】不要な工事費用が計上されている

理由1でもお伝えした通り、現状回復工事には複数の業者が間に入る可能性があります。
そのため、実際作業を行う技術者たちが直接現場を確認することなく、図面だけを見て見積書を作成している場合があるのです。

具体的には実際に工事が不要な部分までも工事範囲に含められてしまっている可能性があります。
「窓」「蛍光灯」「空調」「柱」などが、たとえ工事範囲外であったとしても工事するスペースに加えてしまっており、不要な面積分までも見積もり金額に組み込まれてしまっているのです。

もちろん必然的にトータルの工事費用が高額になっていきます。

さらに、契約上共用部分になっているなどの理由から、費用支払い義務がない場所に関しても工事範囲として計算されていることも少なくありません。
オーナーや指定業者まかせで現状回復工事を進めていると、思いのほか大きな出費になることもあると認識しておいたほうがよさそうです。

原状回復工事を不当な値段にしないために

業者と密にコミュニケーションをとる

専門的な知識を要する原状回復工事の見積もりについて、担当者だけで理解していくのは難しいです。そのため、指定業者にきちんと説明をあおぐことが重要となってきます。
不明な費用が発生している場合は、「中間マージン分がとられている」可能性があると疑ってもよいでしょう。
また、専門用語の意味や一般的な工数がどのくらいかかるものなのかなども、随時確認をしながら進めていくべきです。
依頼者側が説明を求めてきたら、まっとうな業者であれば誠意を持って回答してくれるはずです。

オーナーと原状回復範囲について事前に確認をしておく

なお、入居時オーナーと契約したときの「賃貸借契約書」「ビルの貸方基準」「館内規則」などを再度確認し、共用部分がどこか、どこまでが原状回復義務がある範囲なのかなどを把握するべきです。
それに基づいて見積もりをもらいましょう。

原状回復の値段に疑問を思ったら相見積を実施しよう

精度の高い見積もりをもらうためには以上のような入居者側の努力も必要になってきます。しかし、なかには「おかしい」「納得がいかない」と思いながらも、突き詰められないこともあるでしょう。
その場合に利用していただきたいのが、オフィスハンズの「お見積のセカンドオピニオン」です。正当な価格を知る足がかりとしてご活用ください。お気軽にお問い合わせください。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in 原状回復. Bookmark the permalink.