オフィスの原状回復費用と広さの関係について

オフィスの引越しにおいては、原状回復工事が必要となるケースが多くあります。しかし、引越しでもお金がかかり、さらに原状回復においてもコスト負担が大きいとなると、経営を圧迫しかねませんよね。
そこで、知っておきたいのが、オフィスの現状回復の相場です。
なかには、見積もりの明細の項目が難しいのをいいことに、高額な工事費を求められることもあります。
そのため、きちんとした原状回復工事についての事前知識を持つことが重要なのです。

オフィス原状回復の相場

1.原状回復工事の坪単価とは

原状回復の費用相場は、「坪単価(2~5万円)×オフィスの面積」で計算することが一般的です。
そのため、中・大規模のオフィスの場合だと、一坪あたり5~10万円ほどとあることが多いのです。
ちなみに、オフィスの規模とは一般的に、「 超大型(200坪以上)」「大型(100坪以上)」、 「中型(100坪未満)」、「小型(30坪以下)」と分類することができます。

広さ 想定見積金額
超大型(200坪以上) 400万〜
大型(100坪以上) 200万〜400万
中型(100坪未満) 30〜100万
小型(30坪以下) 〜30万

*オフィスハンズでは、この坪単価を1万5千円〜という設定にできている点で、お客様に大きなコストメリットをご提供できていると考えています。

このように、原状回復は、業者によって見積もり計算の方法が若干変わります。
オーナーから特に指定がない場合には、いくつかの業者に見積もりを依頼することも大切です。
そうすることで、精緻な工事の見積もり額を把握することができるでしょう。

なお、オフィスによっては例外的な現状回復の計算をしなければいけないこともあります。
たとえば、工事作業ができる期間が限られていると、必然的に1日当たりの工期は長くなります。
施工業者の拘束時間が長くなるので、その分、費用も上がることが想定されます。

また、賃貸しているオフィスによって原状回復の内容が異なることも大いにあります。
原状回復範囲が異なれば、もちろん見積もりは大きく変わってきます。

2.チェックが必要なのは、坪単価毎の費用相場だけではない

上記のように相場だけでない要因で、原状回復工事費用が決定されることがあります。
そのため、原状回復費用の相場だけを指標に考えるべきではありません。

相場と同様に、原状回復工事の費用換算のために重要な点は3つあります。

入居時の契約内容をきちんと照らし合わせること

通常のオフィス賃貸では、契約時に原状回復の範囲についての契約がされていることが多いです。
契約を結んだということは、合意を得たということになり、後から覆すことは難しくなります。
通常損耗などの扱いについては、「オフィス原状回復における通常損耗の扱いを解説」を参照ください。

見積もり内容を第三者に精査してもらうこと

原状回復の見積もり項目は専門用語が多く、一般の方にはなかなか理解できないません。
そこで、専門家に見積もり全体が正しいか精査してもらう必要があるのです。

「削減できるコストはきちんと削減する」という意識を持つこと

原状回復のためには本当に工事が必要なのか見極めてみてもよいでしょう。
もしかしたら、クリーニングなどで済む箇所もあるかもしれません。こちらも、専門家に相談することで、無駄なコストを指摘してくれるでしょう。

原状回復費用がかさみやすい工事内容

建築工事造作が大きいもの

設置型のパーティションや壁、ドアなどを、入居時の状態から変更し、作りこみがあればあるほど、解体費用はかさみます。
なお、解体費用だけでなく、処分費もかかるのが一般的です。

使用材料のグレードが高いもの

特注品を使用していたり、受注生産・特注品などをもちいなければいけない場合には、割高になることが多いです。

設備工事が多かったり移設をしていたりする場合

設備の大きな復旧工事がある場合には費用がかさみます。どの程度の回復工事が必要なのか洗い出す必要があるでしょう。

正しい費用感と対策で、正当な原状回復を行おう

原状回復費用については、ある一定の相場感はあるものの、賃貸しているオフィス事情や実際のオフィスの造作範囲によって個別具体的な見積になる場合が多くございます。オフィス移転実施時に、原状回復の見積もりにご不明点がある際はお気軽にオフィスハンズまでお問い合わせください。
第三者としてセカンドオピニオンを行うことが可能です。

坪単価以外の原状回復については「オフィスの原状回復」ページをチェック


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in 原状回復. Bookmark the permalink.