オフィス移転をスムーズに行うために必要なこと

オフィス移転を考えた際にはどのようなことがポイントになるのか…工程をおさえていきましょう。
併せて、留意すべき事項もご紹介します。

大まかな流れの確認ができたら、移転予定日から逆算してそれぞれの工程をスケジューリングしていくとよいでしょう。
こまかな事項に案外時間がかかるものですので、余裕をもった計画立案をしていくことが大切です。

オフィス移転計画立案から実際に移転が完了するまでの大体の流れをお伝えします。

<オフィス移転計画の流れ>

移転計画の立案・確認

オフィス選び

オフィスの決定 (契約内容のチェック)

オフィスプランニング

移転に伴う手続き

引っ越し

移転後の確認

完了

次に各工程ごとの留意点をご紹介します。

< 各工程の留意点 >

◆ 移転計画の立案・確認
「なぜ移転したいのか?」という理由を明確にしましょう。
「社員の人数が増えたから」であれば、「広いオフィスへと引っ越す」ということが目標になります。
「アクセスの良い立地に移りたい」ということであれば、最寄り駅や利便性のあるエリアなどの洗い出しが欠かせません。

現在入居中のオフィス契約を確認しましょう。
解約予告や預託金の返還額・原状回復費用などを把握していく必要があります。
一般なオフィスでは、6ヶ月前の解約予告が必要ですが、スモールオフィスなどは3ヶ月前でも大丈夫なケースもあります。
きちんと確認し、齟齬がないように進めていきましょう。

◆ オフィス選び
不動産会社で、具体的な条件内容や移転目的を伝えて条件に合った物件を選びましょう。
気になった物件は可能な限り見学をし、資料からではわからないビルの環境や設備・周辺環境などをチェックする必要があります。

◆ オフィスの決定(契約内容のチェック)
移転先の賃料や敷金・保証金のチェックは欠かさずにしましょう。
入居時には賃料の数ヶ月分が必要になるケースもあります。
また、空調設備や電気工事・内装工事の必要性などを確認しましょう。

◆ オフィスプランニング
会議室や執務室をどこにするかというオフィスの全体構成を検討します。
続いて、執務室内のレイアウトを構想します。
ネットワークの配線やサーバー機器の配置などにも注意を払いましょう。

◆ 移転に伴う手続き
官公庁への手続き、電話・インターネット回線の手続きなどのオフィスを移すに当たって必要な手続きを行いましょう。
また、取引先への通知や会社案内、HPなどの住所の訂正もお忘れなく。

◆ 引っ越し
引っ越し日までに十分な期間を用意して、荷造りを全て完了させておきましょう。
どこに運び入れる荷物かをラベルなどで分類しておくとスムーズです。
また日程によってかかる費用も違いますので、見通しをもって引っ越しスケジュールを定めていくとよいでしょう。

◆ 移転後の確認
旧オフィスの契約完了日までに、原状回復状況を確認し、鍵の返却なども済ませておきましょう。
新オフィスの稼働状況も機動に乗るまで観察しましょう。
社員の意見を拾い上げていくことも大切です。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィス移転. Bookmark the permalink.