レイアウト変更時の「配線の整理」のポイント

オフィス配線

レイアウト変更はただオフィス家具を移動すればよいというものではありません。

新レイアウトに合わせて、電気や電話、LANなどの配線の振り直しや整備が必要になります。
「なんとなくできるものでは?」と思っている方も少なくないですが、配線整理がきちんとなされていない状態ですと、断線や引っかかりなどのトラブル発生の原因にもなります。

また、オフィスの美しさもいまいち・・・ということになりかねません。
そこで、今回は事故を防ぎ、利点のある配線整理の工夫「オフィスのレイアウト変更に伴う配線整理術」をご紹介します。

1.配線をまとめる

電話やLANなどたくさんのケーブルがオフィスには存在しています。見た目をすっきりさせ、トラブルを防ぐ簡単なものは配線モール使う方法をご紹介します。
無数のケーブルを一元管理でき、すっきりさせることができます。

机の配線を整理する

PCや電話機などの台数が多い場合は、配線のボリュームも多くなります。
机周りの配線も無造作に配線してしまうと、線(ケーブル)同士が絡み合ってしまいます。
「絡みすぎて電源コードが外せない」「負荷がかかりコネクタのピンが折れる」「ケーブルの差し間違えが起きる」
このような業務効率を下げてしまうようなこと

ケーブルの整理は結束バンドを使おう

結束バンド
結束バンドを使う時は、「異なるケーブルは可能な限り2線を分離」、「丸くする場合は同円に巻かない」、「曲げる場合は緩やかに」などに注意して対応する形でケーブルをまとめてください。

2.OAフロアに変更する

OAフロアは、別名フリーアクセスフロアといいます。
これは、機器それぞれのケーブルを床の下に収納する方法です。
こうすることで、うっかり電源が抜けてしまったり、ケーブルに引っかかって転倒したりするトラブルがなくなります。

すでに、OAフロアとしている場合には、レイアウト変更の場合、床下の配線管理が複雑になります。
無理に行おうとした場合、ケーブルが破損する事故も考えられます。
すると、貴重なデータが一気に失われてしまう可能性もありますので、施工業者などの専門家に相談することをおすすめします。

3.Wi-Fi環境を整備する

Wi-Fi環境を整備することで、LANケーブルが不要になります。
パソコンにつながなければいけないケーブルが減るので見た目はかなりすっきりします。
なお、レイアウト変更や席替えの際にもいちいちLANケーブルの配線を考える必要がありません。
無線LANの導入は大きな工事を必要としないケースがほとんどですので、導入を検討してみてもよいでしょう。

4.ワークスタイルに合わせた配線を整備する

仕事内容によっては、たくさんの電源が必要となる場合もあるでしょう。
そこで、自席へOAタップを配するなどの配線を検討するとよいでしょう。
個人の業務効率を上げることができるような配線管理を検討するのもレイアウト変更時に考えたい重要なポイントです。

5.ブレーカーの容量を意識した配線とする

パソコンやその他の電気機器がOAタップにつながれていて、一気に使用することでブレーカーが落ちることがあるというケースがあります。
回路の上限アンペアを意識して、消費電力を考えつつ、最適な回路設計をする必要があります。
もしも、このような問題を抱えている企業があれば、専門家による配線の検討により、格段にオフィス環境が向上することができるでしょう。

まとめ

オフィスのレイアウト変更ではDIY文化で自分たちで施工をする会社も増えてきています、ただなかなか配線周りはセルフで行うのは技術的にも難しいため、
全てを自分たちだけで完遂するのではなく、専門家の知見を生かし、拡張性のあるレイアウト変更をすすめていくことをオフィスハンズではオススメしています。

今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィスレイアウト変更. Bookmark the permalink.