オフィスの居抜物件のメリット・デメリット

■居抜物件とはなにか?

オフィスや店舗等が入っていたスペースを、内装やレイアウト、家具をそのままで売ったり、貸し出したりすることを「居抜き」といいます。
飲食店などの業種で多く利用される方法です。

最近では、オフィスでも小規模のものから中・大規模のものまで登場している。
パーティションなども設置されたままで、すぐに使用可能なものがほとんど。

ただし、居抜物件はあまり市場には出回らないので、自社のニーズと合致していれば、早めに入居について前向きに検討することをお勧めします。

■オフィスの居抜物件のメリットとは?

・初期の内装工事や家具設置などのコストをおさえられる
すでに設置されているオフィス家具をそのまま使用することができ、内装にも手を加える必要がないので、初期費用を抑えることができます。
典型的なオフィスレイアウトを踏襲すればよい場合や、同業種のオフィスや店舗を引き継ぐ際には、大きなメリットを得られます。

・内装をそのままでスムーズに入居可能
改めて内装工事を入れる必要がないので、時間をおかずスムーズに入居できます。
時間の短縮になるとともに、早めに前オフィスを退去したい場合などにはもってこいといえるでしょう。

・デザインの齟齬がなくなる
内装やレイアウトなどが完成した状態で見学することができるので、ゼロからオフィスを作る際に稀に起こるデザイン性の齟齬などがありません。
イメージ通りのオフィスにそのまま入居できるというメリットがあります。

・原状回復費用を削減できる
入居時に内装や家具がそのままということは、退去時も同様に”そのまま”退去できます。
スムーズに別オフィスへ引っ越すすることができます。

原状回復費用を削減でき、退去時のコストも減らせるというメリットがあります。

■オフィスの居抜物件のデメリットとは?

・オフィスレイアウトの自由度は低い
オフィスの定型があるため、自由にオフィスをデザインしたいといった要望をもっている企業には居抜物件は不向きです。
「定番のオフィスの形でOK」、「こだわりがないのでひとまずスペースがあればよい」、「居抜物件のレイアウトが気に入った」
といった企業に向いた物件といえるでしょう。

・オフィス家具などが自社の資産にならない
基本的に備え付けの家具を使用するので、当然のことですが、もともと設置されていたものは自社のものにはなりません。
他のオフィスに引っ越す際などに持って移ることはできないので、改めて購入する必要があります。

・居抜物件を探すのが難しい
居抜物件は市場にあまり出回りません。基本的には現状回復をするオフィス物件がほとんどだからです。
そのため、自社のニーズに合致した居抜物件は少ないと考えておいたほうがよいでしょう。
また、ニーズと合致するオフィスを見つけたら、そこは人気物件である可能性も高く、早めに入居の判断が迫られることも少なくありません。

総じて、スタートアップの企業などにおいてはメリットが大きい居抜物件。
入居時のコストを削減することができるので、予算が限られている際には前向きに検討してみてもよいのではないでしょうか。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィスデザイン. Bookmark the permalink.