意外に知らないブラインドの種類

窓に遮光や目隠しなどの目的で付けるものはカーテンだけではありません。
ブラインドはオフィスではもちろん、近年ではその種類や機能の豊富さから家庭でも用いられるようになっています。
幅広い用途で使われるようになったブラインドについて解説していきます。

officeblind

ブラインドを用いるメリットとは

ブラインドを使う効果とはどういうことでしょうか。
カーテンと同じような目隠しや、日よけの機能の他にどういったものがあるかご紹介します。

ブラインドは、開閉できるだけでなく、スラットと呼ばれるブラインドやシャッターなどに使われる薄い板状の部分(羽根)の回転によって採光調節できる機能を持っています。
これはカーテンにはない、ブラインドならではの優れた点といえるでしょう。

ブラインドの作りによる違い

ブラインドは、その作りによって大きく2つに分けることができます!

ベネシャルブラインド

横型のブラインドを指します。イタリアのベネチアで生まれたことから「ベネシャルブラインド」と呼ばれるようになりました。
ブラインドは上下に開閉し、スラットを内側や外側に回転させることで、窓から差し込む光の量を調節することができます。

バーチカルブラインド

バーチカルブラインド
縦型のブラインドです。ブラインドは左右に開閉し、スラットを内側や外側に回転させることで、外からの光を調節できます。
掃き出し窓などに使われることが多いです。
※掃き出し窓:一般的には、外部に人が出入りできる大型の窓のことを指します

ブラインド・スラット材質の種類

ブラインドのスラットの材質の種類によって、見た目の印象がかなり変わります。
オフィスの雰囲気に合う種類を選んでみてくださいね。

アルミ製のブラインド

オフィスで一般的に用いられるブラインドです。
主にアルミやプラスチック製のブラインドを指します。
横型ブラインドはシンプルなものが一般的ですが、最近では色のバリエーションが豊富になり、スラットの幅に遊びを持たせていたりするものも登場しています。
また、汚れが拭き取りやすく、タバコや料理の匂いが染みつきにくいというメリットがあります。

木製のブラインド

スラットが木製で作られており、ホワイトやベージュ、ブラウン、ラークブラウン、ブラックなどのカラーがあります。
ナチュラルテイストでおしゃれな空間に仕上がるため、オフィスだけでなく家庭でも用いられています。

布製のブラインド

一般家庭でも用いられることが多いのが布製スラットのブラインドです。
柔らかな暖かみを出せるので、リビングや寝室にも馴染みます。

ブラインドの操作方法

操作方法によってもブラインドの種類を分けることができます。

コード式

コードがスラットの間を通り、ぶら下がっているコードを引くことでブラインドが上がっていく仕組みのものです。

操作様式

構造はコード式と同じです。
操作棒でスラットの回転を行います。
操作がしやすいので、家庭でも幅広く使用されています。

マルチボール式

昇降操作とスラットの回転操作が棒で行える仕組みです。
筒状になっているスラットを回転させる棒の中に、コードが入っていてこのような操作ができるようになっています。

電動式

リモコン操作でブラインドを開閉させたり、スラットを回転させたりすることができます。
天窓など手の届かない位置に設置されたブラインドに搭載されている場合が多いです。

おわりに

ブラインドのメリット、種類、操作方法といったことについてご紹介しました。オフィスデザインの際にはブラインドはオフィスの印象を決める重要なアイテムの1つです。好みももちろんですが、オフィスの使用用途にあわせて選択するとよでしょうか。
オフィスハンズではオフィスデザインの相談を無料で承っていますので、お気軽に相談ください。


今すぐお問い合わせください!

お見積・お問い合わせ

お電話でも承っております。

お見積・お問い合わせ

無料お見積りのご相談・受付 (平日)9:30~18:00

This entry was posted in オフィスデザイン. Bookmark the permalink.